眼精疲労の症状は、大きく分けると以下のような三つに分けることができます。 ・目や見え方の不快感 ・身体症状 ・精神症状 これらの三つです。 まず、目や見え方の不快感について説明します。 眼精疲労になると、目に痛みや乾燥を感じることがほとんどです。 また、目の疲れやかゆみを感じたり、かすみや充血、まぶたが重いといった症状も現れやすくなります。 次に、身体症状についてですが、眼精疲労は眼の症状以外にも、身体の様々なところに症状が出ることがあるのです。 頭痛やめまい、吐き気、肩や首のこり、胃痛、胃もたれ、食欲不振など、日常生活を送る上で支障を来たすような症状が出る場合もあることが分かっています。 それに、眼精疲労が原因で、身体がだるくなったり、不眠になったりすることもあるでしょう。 訳もなくイライラしたり、何もやる気がしなくなるなどの精神的な症状が起こることもあり、鬱に繋がるケースもあるので、注意が必要です。 眼精疲労が起こりやすい生活をしている人は、これらに該当する症状が出たら放置しないでできるだけ早く眼精疲労を改善するようにしてください。